看護師 可能性

看護師という仕事の可能性

看護師という仕事に自信がない、今後看護師という仕事を続けられるかどうか悩んでいるという方には、「看護師歴25年のこんな私でもやってこれたのよ!」と言ってあげたいです。

 

私が看護学生の頃、人工透析の専門の内科病棟で働いていたのですが、先輩からは「あの子はダメね」と烙印を押されるようなヒドさでした。

 

新人時代は薬を間違えたり、点滴の針がうまくさすことができず、患者さんから「担当のナースを変えてくれ!」と言われることも何度かあるほどで、これはかなりショックでした。

 

先輩から怒られることはしょっちゅうで、何度も「自分は看護師に向いていないのでは?」と悩んだものです。

 

もう看護師をやめて実家の近くで事務の仕事にでも転職しようかと何度も思ったのですが、当時おつきあいしていた彼から「看護師を目指したころの初心にじっくり帰ってみたら」と言われて目が覚めたんです。

 

それからは何とか歯を食いしばって、自分なりに努力するようにしました。

 

わからないことがあれば自分から積極的に先輩に質問したり、仕事が終わってからもその日にどんなことをやったのかをノートにまとめて復習するようにしたんです。

 

1年が経過して「先輩からよく1年持ったね」と言われた時は多少ホッとした気持ちと、ここまで何とか頑張ったのだからもっとスキルアップして、一流の看護師になってやるというある種の覚悟みたいなものができてきました。
そのころから先輩や同僚の私に対する受け止め方も変わってきたように感じましたし、先輩や上司から怒られることはなくなりました。

 

ごくたまに先輩から注意されることがあっても、自分なりの看護観がしっかり確立されてきたので、自分の考えをしっかりと先輩に話してみて、結局は先輩から「そうだったのね。きちんとあなたの考えを話してくれてありがとう。」と言われた時はうれしくて涙があふれそうでした。

 

看護師という仕事は医師、看護部長、上司や同僚、先輩、後輩、患者さんとそのご家族とさまざまな方との上手に人間関係を構築するスキルが求められます。

 

人間関係を円滑に進めるには相手を思いやる気持ちと同時に、自分の考えもきちんと相手に伝えること、お互いのコミュニケーションに尽きるのです。

 

自分なりにコミュニケーションの円滑化に努力してみても、どうにもならないと感じた時には次の職場に人間関係重視で転職を検討することになりますが、看護師という仕事は努力次第で大きな可能性を秘めた仕事であると思います。