ドクター 人間関係

ドクターとの人間関係をうまく改善する方法とは?

ドクターとナースの関係は、お互いの役割の違いを認識しながらも、パートナーとして信頼しあっているかどうかがポイントです。

 

ある総合病院の看護師さんが、「高圧的な態度で私たちナースに接するドクターがいて、とてもパートナー同士といういい関係でのコミュニケ-ションが取れない」と言っていました。

 

こうしたドクターと看護師の関係を主従関係のように考える時代錯誤的なドクターは少なからずいるものですが、看護師の関係を、上下関係で考えるドクターはドクターと看護師は仕事の領域が違うという意識があるからでしょう。

 

医学と看護学は学問という部分でも違う領域ではありますが、患者さんの病気を治すという意味では目指す方向は一緒のはずです。

 

患者さんを幸せにするという共通の目標を掲げてドクターはドクターの役割を、看護師は看護師の役割を全うするべきでしょう。

 

つまり、患者さんに対してそれぞれの専門領域からアプローチするわけですが、たとえば24時間患者さんのそばについているということはできませんが、そういったドクターにはできないことを看護師には期待されているのです。

 

ですから、お互いの職能職域を理解し尊重することが必要でしょう。

 

また看護師と医師は個々に独立しているのではなくお互いに助け合っていったほうがうまく進むものです。

 

つまり、一人の患者さんに向き合う際にもチームとして患者さんにかかわることでよい医療サービスを提供できるのです。

 

こうした意識改革はどちらかといえばドクター側に求められるものですが、対等なパートナー同士であるためには看護師も日々勉強するといった努力が必要です。

 

指示を待つだけの看護師でなく、自分で考え主体的に行動するドクターとも意見をぶつけ合うことのできる看護師がこれからは求められるでしょう。

 

最近では患者さんに対するサービス精神とか他社への思いやりに優れたドクターが増えているので、看護師に対しても昔よりははるかに優しい対応をする医師が増えてきているようです。

 

若手のドクターを中心に、看護師との信頼関係は緊密化していくと期待できるでしょう。