主任看護師 人間関係

悩める主任看護師の人間関係構築のコツ

現場の主力であると同時に職場をまとめる役割もある看護師の最初の管理職ステップともいえる主任。

 

ドクターとの人間関係に気を配るのはもちろんのこと、スタッフからは頼られ、師長、看護部長からは期待されるという意味でも「やりがいはあるけれどストレスもたまる一方」という声はひじょうに多いですね。

 

上司への不満、スタッフへの不満、主任となって変わらなければならなかったこと、考え方や働き方等も考えてみましょう。

 

主任経験者ならだれもが体験する悩みが「師長とスタッフの間に挟まれて、上からはあれこれ指示されて、下はなかなかいうことを聞かない」というもの。

 

主任が経験するさまざまな悩みにどのように対処していったらいいのかを考えてみます。

 

スタッフは言いたいことをずけずけ言ってくるものもいるけれど、それを師長にあげればもっと現場を理解しなさいと言われたりとなかなかつらいものがありますね。

 

主任という立場になってそれまでとは違って上からの指示の意味や経営的な部分にも目を向ける必要が出てきますし、部下の管理といった部分もこなさなくてはならなくなり、ストレスがたまる方は多いようですね。

 

でもそういった間に立つ立場だからこそ、自分の考えもしっかり持つべきではないでしょうか?

 

看護師の人間関係の悩みの根本に自分の言いたいこと、自分の考えを主張できなくなることによるストレスの蓄積があります。

 

言い換えれば自分の想いを殺して周りに振り回されるということですね。